夢の上京を叶えるために

上京する際の引越しの準備

引越しの際に行う手続きとは?

引越し手続きはスムーズに

無事お金の準備もできて引越しを待っているような時は新しい生活に胸が踊り、ワクワクして過ごしているという方が多いと思います。しかし、いつまでもそうした甘い気持ちに浸っているわけにはいきません。もちろん引越しや新生活を楽しみにするのは自然なことですし良いことだとも思うのですが、夢の新生活をきちんと形にしていくためには行うべきことを行っていかなければなりません。
これまでずっと親元で暮らしてきた方であればまだ想像しづらいかもしれませんが、自立して生きていくためには行わなければならないことやしなければならない手続きが多く、それらをいい加減にしたまま新生活をスタートしてもどこかでうまくいかずに破綻してしまいます。引越しに関してするべきことは何があるのかを事前によく調べ、きちんとした計画を練りましょう。なお手続きの計画をサポートしてくれる便利なアプリも存在します。以下に紹介する不動産サイトのSUUMOが運営するアプリが特におすすめです。

引越し手続きはスムーズに

役所や金融機関の手続き

引越し関連でまず行わなければならいことの一つが役所関連の手続きと言えるでしょう。人によって住民票は実家に置いたままで良いという方もいるかもしれませんが、やはり原則的には実際の居住地と住民票は揃えるべきです。そうでないと今の住所を証明する本人確認書類を作ることができないので生活で様々な不都合が生じてしまいます。まずは引越し前に今現在住んでいる地区の市役所などに赴いて転出届けを提出しましょう。また転出届けの提出の際に印鑑登録を抹消される場合もあるので、その場合は印鑑カードの返却などもきちんと行いましょう。
そして受け取った転出届けを引越し先の区役所などに提出し、転入手続きを行って住民票を移します。そして新しい住民票ができたらそれを使って運転免許証の住所の書き換えや、金融機関などへ届け出ている住所の変更などを行ってしまいましょう。

役所や金融機関の手続き

通信光熱費の手続き

また引越しでは通信光熱費関連の手続きも重要なので、忘れないようにきちんと行ってください。今住んでいるところが実家で、引き続き家族の誰かが住むのであれば良いですが、そうでなければ解約手続きが必要です。また新居の通信光熱費の手続きは引越しを行う2週間ほど前から行っておくと良いでしょう。ガスやインターネットなどは開栓や開通に立会いが必要な場合も多く、事前に予約をしておかなければならないので少し余裕を持って申し込みをしておいた方が良いのです。

通信光熱費の手続き

東京で仕事を探す簡単な方法は?

東京で今ニーズが高いのは介護士!

今都内でもっともニーズの高い仕事と言えば介護士ではないかというほどに、介護関連の求人が増えてきています。現在日本はすごい勢いで少子高齢化が進んでいますが、地域によって温度差もあり、特に東京は介護士が不足しているため採用熱が高いのです。

more ...

上京したい方へ

上京したい方へ

当Webサイト管理人も地方出身で、何年か前に上京して都内で仕事を見つけて今に至ります。以前の自分と同じように東京に憧れてはいるものの、一歩を踏み出せない方のためにこのWebサイトを作りました。東京での仕事の見つけ方や引越し先の選び方など参考にしてください。『当Webサイトメールフォーム』