夢の上京を叶えるために

上京せずに地方で暮らす場合

温かみのある生活ができる地方暮らし

生活が楽で豊かな地方暮らし

日本は明治維新によって近代化を迎えてから150年ほどの月日が流れていますが、その間ずっと地方から東京をはじめとした都市部への人口流入が続いています。より歴史を遡れば本格的な近代化が始まった明治以降は上京の流れが加速しただけで、東京の前身である江戸が誕生した400年前からこの流れが続いているとも言えるかもしれません。
そして何百年単位で人口が地方から移動しているのを知ると、まるで地方の暮らしには何の魅力も無いように感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。むしろ地方には東京にはない様々な魅力が溢れており、その一つは生活が豊かになるということでしょう。もちろん仕事自体は東京の方がたくさんありますし、物や情報も東京の方が溢れていることでしょう。しかし地方の暮らしの圧倒的なメリットは、まず家賃などの生存に必要な費用が安く済むということです。また過剰な消費を煽ってくるような広告媒体も街中に少なく、そもそも街中というものがなく田んぼしかなったりしますので余計なお金を使おうとしません。必然的にお金が貯まりやすいですし買い物をするときも吟味を重ねるので本当に必要なものだけを買えるようになります。それに食べ物も、特に農作物は新鮮なものを安い値段で手に入れやすく、食卓が豊かになりやすいと言えるでしょう。

生活が楽で豊かな地方暮らし

人が少ないという魅力

また地方は人が少ないのですが逆にそれが魅力と言って良く、東京のように人口が過密していることによるデメリットがありません。例えば満員電車に揺られての通勤や通学はほとんどありませんし、騒音問題で子供が遊ぶ公園などが無いというようなこともありません。人ごみが苦手という人は意外と多いと思うのですが、そういう人には都会暮らしよりも地方暮らしの方が本質的に向いています。

人が少ないという魅力

つながりが生まれやすく温かい

地方の人口密度は低いですが逆につながりは生まれやすく、少し積極的に自分から関われば人間関係が広がります。人口が少ないからこそコミュニティを大事にしますし、豊かな自然が残されているので自然を活かしたアクティビティやバーベキューなどのイベントをきっかけに人間関係が広がることが多いのです。また都会暮らしの場合は人と付き合うにも街中に気軽に遊んだり休めたりする場所が少ないので飲食費などがかさむのを恐れて消極的なものになってしまう場合があります。しかし地方の場合はちょっとドライブで海や山に出かけたり、気軽に河川敷沿いや公園などで安いコストでイベントを行えるので、人と温かいつながりを持ちやすいのです。

つながりが生まれやすく温かい

東京で仕事を探す簡単な方法は?

東京で今ニーズが高いのは介護士!

今都内でもっともニーズの高い仕事と言えば介護士ではないかというほどに、介護関連の求人が増えてきています。現在日本はすごい勢いで少子高齢化が進んでいますが、地域によって温度差もあり、特に東京は介護士が不足しているため採用熱が高いのです。

more ...

上京したい方へ

上京したい方へ

当Webサイト管理人も地方出身で、何年か前に上京して都内で仕事を見つけて今に至ります。以前の自分と同じように東京に憧れてはいるものの、一歩を踏み出せない方のためにこのWebサイトを作りました。東京での仕事の見つけ方や引越し先の選び方など参考にしてください。『当Webサイトメールフォーム』