夢の上京を叶えるために

東京で介護士に転職

東京で今ニーズが高いのは介護士!

都内で大きい介護士の需要

東京に憧れそこで暮らしていきたいと思っても現地での仕事がなければ生活が成り立たないため、上京しようと思ったらまずはどんな仕事に転職していくのかを真剣に考えなければなりません。またできれば若い時にだけできる仕事やスキルが身につきづらい仕事は避けたほうが良いでしょう。それに継続的に需要がある仕事を選ぶことも大切です。そうでなければ40代や50代の時に実家から遠く離れた東京で仕事が無いということになってしまいかねません。そのような事態を防ぐためにも職探しは真剣に取り組まなければならないのです。
なおこのような観点から特におすすめできる仕事は、今都内で急速に需要が膨らんでいる介護の仕事です。介護問題というと地方の方が深刻なのではないかと誤解されている方がいますが、高齢者の人数が多くかつ介護職についてくれる若者が少ないので実は介護施設や介護士の不足問題は東京などの都心部で今後非常に深刻になるだろうと言われています。そのため介護施設では介護士の採用や育成にとても力を入れており、未経験であっても採用されていきます。また介護の仕事は採用された後に現場で経験を積みながら資格を取得していくことでスキルアップを図ることもできますし、ケアマネージャーなどの上級職にキャリアアップしていくことも可能です。それに今後数十年は介護の需要は増えこそすれ減ることはまずないため、手に職をつけられて食いっぱぐれることのない仕事と言えるでしょう。

都内で大きい介護士の需要

雇用条件の注意点

上記のような状況のため介護施設への就職は簡単なのですが、一つ注意点があって、雇用条件が悪い職場とそうでないきちんとした職場の格差が激しいのです。以前は介護の仕事と言えばいわゆる、きつい、汚い、危険の3K労働と言われていましたし、給与も安いと言われていました。そしてそうした状況を放置してしまったために深刻な介護士不足を招いてしまっています。ただ現在はそうしたこれまでの経緯の反省から待遇改善に行政も力を入れており、実際に雇用条件を良くしている施設も増えてきています。しかし残念ながら全ての職場がそうなっているわけではないので、仕事探しをしている人は注意が必要なのです。ただでさえ介護は体力を使う仕事で、高齢者の方をベッドに移動させたり様々な生活の介助をしたりする際に腰などを痛めてしまいやすい仕事です。そんな中、給与や休日などの条件が劣悪では精神まで参ってしまいかねないので、働く人のことも真剣に考えた施設運営を行っている事業者を探していきましょう。

雇用条件の注意点

東京で仕事を探す簡単な方法は?

東京で今ニーズが高いのは介護士!

今都内でもっともニーズの高い仕事と言えば介護士ではないかというほどに、介護関連の求人が増えてきています。現在日本はすごい勢いで少子高齢化が進んでいますが、地域によって温度差もあり、特に東京は介護士が不足しているため採用熱が高いのです。

more ...

上京したい方へ

上京したい方へ

当Webサイト管理人も地方出身で、何年か前に上京して都内で仕事を見つけて今に至ります。以前の自分と同じように東京に憧れてはいるものの、一歩を踏み出せない方のためにこのWebサイトを作りました。東京での仕事の見つけ方や引越し先の選び方など参考にしてください。『当Webサイトメールフォーム』